医療だからこそ高い効果|人気のフォトフェイシャルは評判などを見て整形外科を選ぼう

人気のフォトフェイシャルは評判などを見て整形外科を選ぼう

医療だからこそ高い効果

手をあげている女性

シミや赤ら顔の改善効果が期待できる施術方法が、整形外科や美容皮膚科などで行っているフォトフェイシャルです。
整形外科で行っているフォトフェイシャルは、エステサロンのフォトフェイシャルと違い、光の波長の長さや使用する機会に違いがあります。
そのため、整形外科ではシミの改善などが期待できます。

整形外科でフォトフェイシャルを受ける場合は、いくつかの注意点があります。

フォトフェイシャルを妊娠中の方やアトピーの方は受けることはできません。
フォトフェイシャルではIPLという広範囲の波長を使用しています。
IPLはレーザーよりも肌へのダメージが少なくダウンタイムもないのですが、妊娠中の方はホルモンバランスの影響で肌が敏感になっていて、アトピーの方も肌が弱いので、フォトフェイシャルは避けた方がよいでしょう。

日焼け直後の方も避けてください。
IPLはメラニンに反応をする波長の光です。
日焼けをしていると、シミだけでなく日焼けをしている部位にも光が反応をしてしまい、肌が熱をもってやけどをする心配があります。

施術後は肌がが弱っていて、紫外線の影響を受けやすくなっています。
フォトフェイシャルを受けた後には、紫外線対策をしっかりとしてください。
日焼け止めを塗る場合は、敏感肌ようなど肌の負担が少ないものを使用しましょう。
日傘や帽子なども活用することがおすすめです。

薬が処方されることもあります。
薬が処方されたら、医師や薬剤師の指示に従って使用をしてください。